まずはウォーキングから

私が生まれて初めて健康診断に引っかかったのは40才の時でした。

それまで不摂生な生活をして来ていたのですが、健康診断はいつも問題無しだったので自分はこのままずーっと健康なんだろうと漠然と思っていました。

病気のことなど今まで考えたことも無かった私は、急に怖くなりその日から人一倍健康に気を使うようになりました。

まずは、規則正しい生活を送ろうと思い毎朝30分のウォーキングを始めることにしました。

最初は面倒だし疲れるのでイヤイヤやっていたのですが、3ヶ月たった現在では朝ウォーキングをしないと生活リズムが狂ってしまうので多少の雨なら短時間ですが歩くことにしています。

今では歩き方と呼吸法をネットで調べ自分で効果を試してみたり、食事にも気を付けています。

歩くことで健康になれると知った私が最近特に意識しているのは、時間に余裕が有る時は少しでも歩く癖をつけることです。

そうすることで心に余裕が出来るし体が元気になります。

職場でも明るくなった、声が聞き取りやすくなった、歩き方が綺麗、など今まで言われたことのないことを言われるようになりました。

健康診断で引っかかった時は、本当に落ち込みましたが今では健康を大切にする良いきっかけになりとても感謝しています。