PR|子どもの身長を伸ばすサプリメント|名古屋のビジネス英会話教室|兵庫・姫路の弁護士法人|

いつまでも健康でいたいから、バランスの摂れた食事に気を付けています。また子供が学習するときの集中力アップならドクターデキスギを活用しています。

買い物の時にも、安ければなんでもいいやと購入するのではなくて必ず産地や製造がどこなのかなど気を付けて見ています。

その上で購入しています。

また原材料名の所も、着色料の表示や、保存料を重要視しています。

やはり今は何かというと化学薬品を使用している事が多いので、身体に入った時にどうなのかな?という事を気にしています。

一度に摂取する量としてわずかでも、それが積り積もった時に起こりうる病気やアレルギーなどがとても気になります。

昔からいいと言われる食事、ご飯にお味噌汁、お肉・野菜などをバランス良く組立て毎日の食事で1日分の栄養が取れるようにとしています。

もちろんお肉が食卓に並ばない日はないので、その倍の量の野菜を食べる様にしていますし、お肉の時には玉ねぎが血液サラサラ効果があると言われていますので、玉ねぎを一緒に炒めたり、オニオンサラダを付け合わせたりします。

年々健康には気を使って行かないと身体はいつまでも若い頃のままという訳には行きません。

健康面を考えた生活を毎日送るのって難しいんですよね。

しかし私の場合、健康面を意識した生活を継続して行ってます。

なぜ送れてるのかというと、最大の理由は痔だからです。

痔と健康はあまり関係ないように感じるかもしれませんが、健康の為に重要なのは腸内環境改善なんです。

腸内には免疫細胞の6割があるとされていますし、便秘になれば肌荒れ、口臭、大腸ガン、免疫力低下による体調不良といった諸症状を引き起こしてしまいます。

こういった症状はすぐ出ませんが、私の場合腸内環境の影響をモロに受けてしまうんです。

その受ける場所というのが痔です。

硬い便だと肛門が切れて出血がものすごいんです。

便排出時には血が周囲に飛び散りますし、そのまま出そうと座ってるとポタ、ポタっと水滴音が鳴るほどの血が出続けます。

痔に負担を掛けない為には柔らかい便を出すしかない、つまり腸内環境改善するしかないという結論に至りました。

ヨーグルト摂取で腸内環境改善に気をつけてるのですが、なぜ毎日続けられるかというと腸内の善玉菌って1.2日しか腸内にいないんです。

便と一緒に体外に出てしまうので毎日摂取しないとすぐ腸内環境が悪化し硬い便が出るようになります。

となるとまた地獄の苦しみを味わうことになるので、毎日食べるよう心がけてます。

第一の目的は痔の負担軽減でしたが、腸内環境が良くなってから肌質改善と風邪等の体調不良になりにくくなりました。

風邪を引きやすい体質も改善されましたし、今も健康の為に毎日ヨーグルトを食べるようにしてます。


PR|クレジットカードの即日発行じゃけん|英語上達の秘訣|お小遣いNET|生命保険の口コミ.COM|健康マニアによる無病ライフ|女性向けエステ.com|マッサージのリアル口コミ.com|工務店向け集客ノウハウ|注文住宅のための用語集| ゴミ屋敷解消Q&A